パートナーとともに受診

the medicines

トリコモナスという性感染症があります。現在ではクラミジアが最も多い性感染症と考えられていますが、すこし前までは性感染症はトリコモナスが多くなっていました。トリコモナスにはどのような症状があるのかというと、女性の場合、外陰部や膣に強い痒みが発生するようになっています。このほかに褐色のおりものが発生するようになっています。このおりものには強い匂いがあるというのが特徴です。男性の場合は次のような症状があります。尿道から膿が分泌し、排尿の際に強い痛みを感じるようになります。このような症状が現れたときにはトリコモナスに感染している可能性が高くなりますが、しっかりと検査結果を出すためには、感染から2日から3日が経過した方がよいと考えられています。

トリコモナスに感染し、症状が現れるまでは10日前後となります。自覚症状があるときには、自分一人ではなくパートナーと一緒に受診するようにします。パートナーも感染している可能性があるからです。早期発見や早期治療が必要となりますが、症状が軽いからといて放っておかないようにします。病院を受診したときの費用は診察費が4000円前後で検査代も4000円前後となります。ここに薬代として3000円程度必要になると考えておきます。男性は泌尿器科で女性は婦人科を受診するようにします。咽頭に感染しているという場合は、耳鼻咽頭科を受診するようにします。治療方法は10日程度抗トリコモナス剤を使います。ここで原虫をしっかりと死滅させます。